ジビエ料理とは

近年ジビエ料理への関心は急増しています

ジビエの認知度は未だ50%ほどにとどまっているものの、近頃では「食べてみたい」と思う消費者は7割にものぼり、
関心度が高まっています。「高級感」や「フランス料理」などのイメージが多く持たれていますが、山間部地域では、
日本古来から伝えられてきた伝統の「郷土料理」として、今も親しまれている料理です。

ジビエ料理

野生鳥獣の料理を食べる文化と
ジビエ料理の認知度

  • 知っている
  • 聞いたことがある
  • 知らない
野生鳥獣の料理を食べる文化の認知度

認知度

89.5%

野生鳥獣の料理を
食べる文化

ジビエ料理の認知度

認知度

51.3%

ジビエ料理

ジビエ料理

日本では野生鳥獣の増加により、農作物や自然環境への被害が大きな問題となっています。
ジビエの取り組みを活用することによって、鳥獣被害対策や地域の活性化にも貢献することができます。

野生鳥獣の料理へのニーズ

  回答数 割合
食べたい 391人 69.3%
食べたくない 173人 30.7%

※564人に聞いたアンケートデータをもとに

今後食べたい野生鳥獣

  • イノシシ

    イノシシ

    49.2%

  • シカ

    シカ

    48.3%

  • ウサギ

    ウサギ

    29.4%

  • クマ

    クマ

    28.5%

※複数回答あり

ジビエ肉

とても低カロリーで栄養度の
高い食材
です

ジビエ食材の中で親しまれている「シシ肉」や「シカ肉」はとても低カロリー・高タンパクな食材で、シカ肉は鶏肉の10分の一程度、シシ肉は牛肉の60%程のカロリーです。また、鉄分や亜鉛を多く含み、貧血や新陳代謝などに効果があると言われています。

ジビエ料理の栄養価(1食あたりの目安)

  タンパク質 脂質 鉄分 亜鉛
イノシシ肉 18.8g(75.2kcal) 19.8g(178.2kcal) 2.5mg 3.2mg
シカ肉 22.3g(89.2kcal) 1.5g(13.5kcal) 3.1mg 3.1mg
牛肉 14.4g(57.6kcal) 32.9g(296.1kcal) 1.5mg 3.0mg
豚肉 14.2g(56.8kcal) 34.6g(311.4kcal) 0.6mg 1.8mg
鶏肉 16.2g(64.8kcal) 14.0g(126.0kcal) 0.4mg 1.6mg