ジビエ肉の食肉工程

猪肉をはじめとする獣肉は野生の産物であるが故に、衛生管理を徹底する必要があります。
弊社は保健所をはじめとする各種検査機関協力のもと、
安全に安心して日々食べていただけるよう各種法令に基づき徹底管理した商品をお客様にお届けさせていただきます。

捕獲したイノシシ

罠猟(箱罠・くくり罠)で捕獲

野生鳥獣を罠猟(箱罠・くくり罠)等で捕獲した後、生体搬送が困難な場合は止め刺し・放血を行い、野生鳥獣を急速に冷やして冷凍車搬送致しますので、年中通して良い鮮度を保ちながら食肉加工が可能です。

  • 1.捕獲

    箱罠・くくり罠等で捕獲し、生体搬送もしくは止め刺しの後に急速に冷やして冷凍車搬送。

  • 2.放血

    専門技術者が最小限の外傷で放血作業を行うので、高品質が保たれます。

  • 3.洗浄

    汚れやダニなどを徹底的に落とし、内蔵摘出、その後電解水生成装置にて洗浄消毒を行います。

  • 4.剥皮

    皮付き専用の冷蔵設備で死後硬直がなくなるまで懸吊し、剥皮したのち冷蔵設備で3~4日ドライ熟成します。

  • 5.脱骨

    専門技術者が脱骨作業し、その後各部位の肉に分けます。

  • 6.熟成

    精肉後真空パックのち、冷蔵設備で約10日~14日間ウェット熟成します。

  • 7.冷凍

    -40℃の急速冷凍でご注文まで保存致します。

  • 8.発送

    ご注文が来次第、冷凍便かチルド便で発送致します。

その他、枝肉加工の場合はチルド発送を行っております。お気軽にお問い合わせください。